2016/05/21

時代の雰囲気

昔NHKで夏目漱石「坊っちゃん」の連続ドラマ化があった。柴俊夫主演。原作に忠実というよりも、「坊っちゃん」の舞台設定を借りて「天下御免」、「天下堂々」の世界を明治に再現したような感じのもの。

その中のエピソードとして、教頭赤シャツが職員会議で「授業に銃剣行進訓練を取り入れよう」という提案をするのがあった。その時は狸校長の反対で否決されるのだが、その後校長が出張時の職員会議で再提案し通ってしまう。他の先生たちは、これからは赤シャツの時代だということを感じ迎合したのだ。再提案されて可決したことを後で知った狸校長の苦々しい表情、そして実際に校庭で行進する無表情の若者たち、その重苦しさが忘れられない。

日清戦争から日露戦争に向かう時代の雰囲気を、TV放映時の日本の雰囲気に重ね合わせ、警鐘を鳴らしているのだと思った。NHKがまだ政府の影響下にない時代。

その時代の雰囲気は、治安維持法や隣組につながり、さらにもの言えぬ時代になっていく。TV放映時はまだそのような空気は私には感じられなかったが、だんだんそれが強くなっていくことを感じる。NHK会長に送り込まれた籾井氏、放送法を盾にとったメディアへの圧力、それに抵抗しないメディア側、記者会見で聞かれる側から提供される質問予定に沿って質問する記者クラブの記者たち ...

時代の雰囲気を感じて萎縮しているのはメディアだけではない。自治体や公共施設なども、会場を貸す際、美術展の展示物などで「政治利用」を避ける傾向がある。「市民」からの「ご意見」を避けたいからだ。

一般の人から「政治的」という抗議は、「俺の政治的スタンスと反する」の意だ。ただそのような抗議をする人は、現政府の (本音の) ポリシーと一致している場合に限られる。「反戦」、「護憲」は「政治的」と言われるが、「国を愛そう」だったら彼らは問題にしない。もし「愛国」を政治的と指摘したら「愛国は当然のことだ」というだろう  (BuzzFeed 2016/05/18 「ジョン・レノンのポスターに「政治的」とクレーム 店はどう対応すべきか」)。

「(本音の)」と括弧をつけたのは、政府が「男女共同参画」といっても、本音では「家庭を守ること、子育ては女性の仕事」と考えていると理解していて、上野千鶴子さん講演への抗議は伝統的な女性の規範に反すると考えてのことだろう  (後に講演は行われることになった)。

このような圧力が強くなって、それに屈していると、「最初から言わない」という選択肢をとる場合が増えてくるだろう。残るのは同じ方向を向いた声だけだ。マスコミも市民の声に迎合した記事を書くようになる、その結果は一直線に崖に向かって進み誰も止められない。

... ということを我々は歴史から学んだのではなかったか。

今ならまだ間に合う。そう思っている。
コメントを投稿