2006/04/15

こんな写真を作ってみたい

こんにちは。カメラ小僧です (ホントにウソだからね)。

Folksonomyのことを考えていて、はてなブックマークを見ていたら、こんな記事が上位にありました。

10枚の「ゴッサム・シティ東京 」 (PingMag 2006/4/13)

露光を違えて撮った写真を合成することで、暗い部分もハイライトの部分も潰れないようにディテールをくっきり見せる技術。HDRイメージ (High Dynamic Range) というそうです。

デジタルArena 実践テクニック「画像合成でダイナミックレンジを広げる(1)」に作り方が書いてあります。その記事によると、その機能が組み込まれたデジカメもあるそうですね (例えば三洋電機のDSC-MZ1)。

また、そのためのソフトもありました。その名も、「イメージアシスタント Vol.3 ダイナミックレンジ拡大」

最初の記事で紹介されている、こちらも魅力的。

10枚の「小さな東京」 (PingMag 2006/3/7)

本物なのにミニチュアに見える写真。なぜわざわざ、って気もするけど、ミニチュアを作るのにもお金いるしね (え?)。もともとの写真 (例えば、本城直季氏の作品) は、高価なレンズを必要とするらしいですが、画像処理でここまでできることを示しています。これはやっぱりもうちょっとという感じがします。

もっとたどっていくといろいろありそうです。Folksonomyのこと忘れそうですよ。

6 件のコメント:

colortail さんのコメント...

かっこいいですね!拝見しました。ビルと木の写真とか特にスキかも。写真で遊ぶのって楽しいですね。ヤバイです。やみつきになりそうです。

sprewell8_daisuki さんのコメント...

ご無沙汰してます〜。HDR、拝見しました。なんか本当にシュール。現実なのに非現実的。光り方が不自然だから、スタジオの中のセットみたい。この世界に住んでいたら目がちかちかしそうな・・・・(笑)

yoshihiroueda さんのコメント...

★からーさんもハリネズミカメラで挑戦してみる? それとも、蒼井そらさんみたいなの撮ってみる?

yoshihiroueda さんのコメント...

★すぷりーさん、ようやく新しい職場に慣れてきたころでしょうか。これらの写真を見ていると、現実世界であまりはっきり見えないところもあるというのも重要なことのような気がしてきますね。

colortail さんのコメント...

ハリネズミカメラで撮った写真は、++Me++という別ブログで公開しているんですが、なるべく加工せずに自然の色合いを楽しむようにしています。それとはがらっと変わって加工したようなのもしてみたいなぁと思ってます。蒼井さんみたいなのは・・・写真やさんに却下されそうです(笑)

yoshihiroueda さんのコメント...

★からーさん、ここ↓ですね。http://photonezum.exblog.jp/写真につけた文章もいいですよね。